1. TOP
  2. ポーカー
  3. リンプすることが好都合な3つの理由と適正なレイズ

リンプすることが好都合な3つの理由と適正なレイズ

強いハンドを持っていて、リンプしたら後のプレイヤーがレイズしてくる可能性がある場合

毎回レイズしてくるプレイヤーやオールインする機会を狙っているショートストックのプレイヤーがいる場合は効果的な戦略です。

後ろにいるプレイヤーがオーバーベットをしてくるプレイヤーの場合

フロップ前に小さなプラスの期待値を犠牲にすることでフロップ以降大きなインプライドオッズが得られます。

リンプすることで相手を欺く

たまに強いハンドでリンプすることで以降のマージナルハンドでもリンプインしやすくなり、この戦略でやられたプレイヤーは次回リンプインした時に再びレイズしにくくなるかもしれません。

適正な額でレイズする

プリフロップで私が最初の参加者なら、レイズインすることを心がけています。だいたいビックブラインドの3倍。

しかし、ポジションによってレイズ額を変化させることもあります。

アーリーポジションなら2.5倍〜3倍

ミドルポジションなら3倍〜3.5倍

レイトポジションなら3.5倍〜4倍

変化させる理由として

・ポジションが悪い時はチップをあまり入れない

・強いハンドの時アーリーポジションからなら小さいレイズだと相手はベットしても大丈夫だと思う

・レイトポジションからの4倍レイズは残りのプレイヤーにプレッシャーを与えてフォールドしやすくするのとブラインドポジションからのリレイズをさせにくくするため

・ポジションが良い時にポットに多くのチップがあるようにする

ハンドの強さでレイズの額を変えない方が良いと思います。

なぜなら毎回同じサイズにすることで相手が自分のハンドを読むのを防ぐことができます。J9スーテッドでもAAでも同じレイズ額にすると相手から自分のハンドが読みにくくなります。

フロップ前のレイズは相手をフォールドさせる目的がありますが、相手が3倍レイズでもフォールドしなくなったらハンドを絞って10倍レイズをすると効果的です。

ただ以前も記事で書きましたが臨機応変な戦略を取らないと1つの戦略だけではノーリミットホールデムでは勝てません。

あるプレイヤーは自分の前にリンプしたプレイヤーxビックブラインド額

例えば、自分の前のリンプが0人ならx3、1人ならx4、2人ならx5という感じ。

リンプしたプレイヤーにコール

私が最初に参加する場合だとレイズすることが多いけど、前にリンプしてきたプレイヤーがいた場合はコールしてついていくことも多いです。

そのときはスーテッドコネクターやスーテッドギャッパーの時が多いです。

リンパーにコールして最も価値が得られるのは優位なポジションを利用してプレイすることです。それ以外はブラインドポジションに位置する2人も参加して、多人数ポットになってそこで手札が揃った場合です。その場合、スーテッドA、スーテッドコネクター、スモールペアなどでコールします。

ここで相手は何を持っているかを考えなければいけません。

それはリンプしてきたハンドはレイズすることなく強くなく、フォールドするほど弱くないハンドということです。これらのタイプのハンドに対してはローキッカーでのフロップトップペアは多くのチップを払う可能性もあるから注意が必要です。

オンラインカジノ一覧はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

地球で遊ばない!?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

地球で遊ばない!?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ポーカープレイで重要なことはアグレッシブプレイとポジション

  • ノーリミットホールデムはプリフロップが重要

  • スモールブラインド、ビックブラインドの戦い方

  • テキサスホールデム優勝in秋葉原

  • レイズされた時の良いハンドのプレイ方法

  • 下手なポーカープレイヤーに共通する6つのこと