1. TOP
  2. スポーツ
  3. 鹿島アントラーズACL優勝!ペルセポリスを倒す!

鹿島アントラーズACL優勝!ペルセポリスを倒す!

試合前から物凄い雰囲気のアザディスタジアム

街中を歩いてても日本人だとわかると「カシマ!」と声をかけられる
そして、話はACL決勝の話に。
イランの人は気さくで良いイメージを持った。
お互いに良いゲームをしよう!と。

そして、日本人は観戦に行くには空港からバスでスタジアムかホテルで集まってスタジアムに行く方法しかない。

ホテルの会場にはたくさんの鹿島サポーターが集結している。

みんな鹿島が優勝することを願っている。

バスでスタジアムに着くと、ペルセポリスファンがバスに向かって3−0と指で表して来たり、手を振って来たり、中には中指を立ててくるファンもいたがこれがアウェーだなと少し縮小してしまう。

バスからスタジアムまでは現地警備員に囲まれて完全に守られてスタジアムインする。

その間も挑発してくる相手サポーターもいるが、こちらも挑発しては試合以外で迷惑をかけてしまうので一切写真も取らないし、挑発に乗らないようにと伝言がくる。

チケット

スタジアムに入ったのは約4時間半前。
それでもスタジアムは既に満員状態。


今まで見たことのない味わったことのないアウェー。

スタジアムをペルセポリスファンが制圧していた。
ブブゼラの音やウェーブができたり、至る所で応援が凄い。
それに一体感も半端ない。

これを感じるだけでもイランに来て良かったと思える。
国やクラブの歴史、文化が違えど鹿島もこのぐらいの規模で応援してあげたいと思ってしまったし、この規模の応援団になって欲しいと思った。

日本人応援団は席でじっと座ってるしかない。
ウロウロすると警備員に座ってろと・・・

売店がなかなか来なく、みんなお腹すいたや寒いと言っている。

売店が来て買いに言ったら、お菓子とサンドイッチ。
日本の売店に慣れていたものだから、何か温かい食べ物を期待していたが、それは無理だった。

お菓子も、ひまわりの種とパンを買ったけど美味しくない。
オレンジジュースも美味しくない。

仕方ないか。


ようやく選手が出てきてアップ開始。
それと同時に両応援団の応援がヒートアップする。

鹿島の応援団の中でみんな一生懸命に声を出して選手を応援するも、ペルセポリスの応援がすごく聞こえてくる。

鹿島の応援も相手が静かになったら、その隙に応援して声を選手に届ける感じ。

それでも休むことなく声を出した。

試合開始したら、鹿島がボールを持つたびにブブゼラの音が凄まじく響く。

それでも選手はビビることなくプレイをする。

ハイボールが多い試合になったけど昌子、スンヒョンコンビが跳ね返す。

スンテも素晴らしいセーブをする。

三竿、レオシルバも素晴らしい競合いで相手に負けない。

土居、安部も守備や前線で素晴らしい動きをする。

優磨、セルジーニョはゴールに向かってプレイする。

みんな素晴らしかった。

そして、終了のホイッスル。

選手、応援団はみんな歓喜の渦に巻き込まれる。

ついに鹿島がACL優勝を手にした。
鹿島のみんなありがとう。

本当に鹿島ファンで良かった。

これからも素晴らしい歴史を積み重ねて行くことを信じて応援するし、応援以外でも鹿島に関わりたいと思った。

優勝おめでとう!

\ SNSでシェアしよう! /

地球で遊ばない!?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

地球で遊ばない!?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 鹿島アントラーズvsヴィッセル神戸Jリーグ第28節2018年

  • 天皇杯準々決勝鹿島アントラーズvsヴァンフォーレ甲府

  • ACL準決勝鹿島アントラーズvs水原三星劇的逆転勝利

  • ルヴァンカップ準決勝第2戦鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス引き分け

  • Jリーグ第31節鹿島アントラーズvsセレッソ大阪1:0勝利

  • Jリーグ第32節鹿島アントラーズvs柏レイソル3:2で逆転勝利